Monthly Archives: 10月 2016

婚約記念品や婚約通知を利用する

結婚しようといわれた、はいと答えた、これだけでも婚約として成立しているといえます。この後、彼が心変わりしやっぱり結婚して辞めたといっても立派な不履行!それを立証するために婚約の記念品が役になった、という話を聞いたことがあります。これから幸せな道をスタートさせるお二人にこんなお話しよくありませんが、婚約したという口約束だけではなく、結婚への決意を確固たるものとするためにも、婚約の記念品を贈り合うというカップルも多いです。

結納や婚約式、婚約パーティなどを行うわけではなく、お互いに結婚する相手となる婚約者に、これから宜しくという気持ちを込めて贈りものをします。男性からは?そう、エンゲージリング(婚約指輪)を贈るのが記念品としてもっともふさわしいでしょう。女性からは裏に相手の名前とプロポーズの年月日が刻まれた腕時計などが多く利用されています。

この他、周りの方々に婚約しましたという事を婚約通知で報せるという事もあります。これによってカップル二人だけが知る婚約という事実を、友人等、親しい人たちに知らせる事が出来るのです。婚約通知を送る事でこの先結婚式が予定されていますよというお知らせにもなりますので、お友達がスケジュール調整するのにも役立ちます。


海外で多い婚約式や婚約パーティ

日本では古くから婚約、そして結婚と運ぶのが伝統的でしたが、今は結納を行うカップルも少なくなっています。またおめでた婚が多くなっていることから、出産が先、お式が後・・・と順番が逆になるパターンも多くなっています。

海外ではどういう事を行っているのかというと、気軽なものが婚約パーティ、儀式的なものが婚約式でしょう。結婚するという意志が固まったカップル両家、親戚、お友達や関係者らが集まり、結婚する事が決まった喜びのパーティを行います。こちらは儀式というよりも新しく夫婦となるカップルへおめでとうの気持ちを込めてと、両家の顔合わせという意味を込めて行うフランクなものです。カフェ、レストラン、ガーデンパーティなどとしても行われています。

婚約式は特にキリスト教徒の方々が行う神聖な儀式です。神様と参列者の前で婚約の誓いをするもので、婚約誓約書などにサインし一般的には婚約の品を交換します。日本の結納にとても近い厳かな儀式です。これから正式に結婚し、夫婦となるのだという決意を新たにするこのお式は、最近日本でも行われるようになってきています。婚約の儀式よりも費用がかからず、しかし結婚への決意を固めるためによいお式だと感じます。