婚約記念品や婚約通知を利用する

結婚しようといわれた、はいと答えた、これだけでも婚約として成立しているといえます。この後、彼が心変わりしやっぱり結婚して辞めたといっても立派な不履行!それを立証するために婚約の記念品が役になった、という話を聞いたことがあります。これから幸せな道をスタートさせるお二人にこんなお話しよくありませんが、婚約したという口約束だけではなく、結婚への決意を確固たるものとするためにも、婚約の記念品を贈り合うというカップルも多いです。

結納や婚約式、婚約パーティなどを行うわけではなく、お互いに結婚する相手となる婚約者に、これから宜しくという気持ちを込めて贈りものをします。男性からは?そう、エンゲージリング(婚約指輪)を贈るのが記念品としてもっともふさわしいでしょう。女性からは裏に相手の名前とプロポーズの年月日が刻まれた腕時計などが多く利用されています。

この他、周りの方々に婚約しましたという事を婚約通知で報せるという事もあります。これによってカップル二人だけが知る婚約という事実を、友人等、親しい人たちに知らせる事が出来るのです。婚約通知を送る事でこの先結婚式が予定されていますよというお知らせにもなりますので、お友達がスケジュール調整するのにも役立ちます。


海外で多い婚約式や婚約パーティ

日本では古くから婚約、そして結婚と運ぶのが伝統的でしたが、今は結納を行うカップルも少なくなっています。またおめでた婚が多くなっていることから、出産が先、お式が後・・・と順番が逆になるパターンも多くなっています。

海外ではどういう事を行っているのかというと、気軽なものが婚約パーティ、儀式的なものが婚約式でしょう。結婚するという意志が固まったカップル両家、親戚、お友達や関係者らが集まり、結婚する事が決まった喜びのパーティを行います。こちらは儀式というよりも新しく夫婦となるカップルへおめでとうの気持ちを込めてと、両家の顔合わせという意味を込めて行うフランクなものです。カフェ、レストラン、ガーデンパーティなどとしても行われています。

婚約式は特にキリスト教徒の方々が行う神聖な儀式です。神様と参列者の前で婚約の誓いをするもので、婚約誓約書などにサインし一般的には婚約の品を交換します。日本の結納にとても近い厳かな儀式です。これから正式に結婚し、夫婦となるのだという決意を新たにするこのお式は、最近日本でも行われるようになってきています。婚約の儀式よりも費用がかからず、しかし結婚への決意を固めるためによいお式だと感じます。


婚約の儀式の手順

海外ではカップルが結婚する意志が固まると婚約パーティなどを行いますが、日本では古くから結納という儀式が行われていました。これは、結婚する意志を固めたカップルの二つのご家族が、これから結婚によって結びつきを持つようになるお祝いを行う儀式です。通用、新郎の家から新婦の家に結納品一式を送ります。

伝統に沿った結納の儀式では、仲人さんが新郎の家から預かった結納の品を新婦の家に持っていきます。新婦の家では仲人さんから結納の品をもらい、丁重にもてなします。結納品を受け取ったという受書というお手紙を仲人に渡し、仲人はそれをもって新郎卓平気確かに結納の品を渡したことを伝えます。これが伝統的な方法ですが、地域によって違いがあります。

こうした結納の儀式を行うというカップルは最近少なくなっていて、仲人さん、両家が日本料理屋さんなど個室があるところで結納品、指輪など結納の品を授受することが一般的となっています。結納の品は昆布やするめなど古くから利用されてきた結納の品を奇数準備し結納品と共に送ります。結納金は一般的に新郎の給料2ヶ月~3ヶ月分くらいです。

こうした婚約の儀式を行うのは現代、ナンセンスという事で結納をしなくなっていたのですが、最近はこうした日本伝統の儀式も大切と行う両家も多くなっています。


婚約ってどうなると婚約なの?

彼から、また最近は逆プロポーズで彼女から受けることもあるプロポーズは、人生の中でも一生を左右する大きな出来事であり、特に女性はプロポーズを受ける瞬間を待ち望んでいる方が多いでしょう。彼女の誕生日やクリスマス、バレンタインデーなど、思い出に残りやすい日を選んでプロポーズするという事も多いのですが、プロポーズ後、昔の日本では親へのあいさつがあり、婚約の儀式を行い結婚という道のりがありました。

結納なんて形ばかりの儀式を行わなくても、両家、両人がお互い意思を確認し合えばいいんじゃないの?という事で、両家顔合わせの食事だけで済ませてしまうなどフランクに終わっているようです。でも中にはきちんと結納を交わし結婚へという日本伝統の流れを汲みたいというカップルもいます。

婚約というのはどういう事なのか、というと、実は「結婚してください」と婚姻をお願いする言葉があり、「はい」と賛同する言葉があればこれで成立なんです。カップルの話、結婚の話をしている時になんですが、結婚詐欺で詐欺なのかどうかのという争点に、結婚の約束をしたか?という部分です。結婚してくれといい、はいとお返事したことが立証されれば婚約成立、結婚詐欺という事になります。

ただ結婚という事に関していえば、当事者同士が結婚する意志を固めたにすぎません。結婚は当事者同士の問題であっても、両家につながりができるのですから、両親、親類など関係者が婚約したことを理解しておかなければなりません。そのための儀式でもあるのです。

当サイトは婚約について様々な情報をお伝えします。婚約の日取りや内容、また婚約の儀式以外に、婚約を知らせる方法など情報発信しています。これから婚約される方のお力にされたら幸いです。